新着情報 講演番号第46

講演番号46 神武さま どこに行くの? 干支から読み解く旅程

歴史探究家 鶴田 後聞

1 神武さまの旅程
 ・ 日向発、筑紫へ
 ・ 北九州、大分
 ・ 広島、岡山、瀬戸内海を東へ
 ・ 大阪、和歌山、奈良大和へ
 ・ 
2 十二支について
・ 子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥

3 世界は何でできているか?
 ・ 木火土金水

4. 十干
 ・ 陰陽五行説
 ・ 甲乙丙丁戊己庚辛壬癸

5. 60通りの組み合わせとその使用例
・ 甲子、乙丑、丙寅、丁卯、戊辰、己巳、庚午、辛申、壬戌、癸亥・・・
 ・ 戊辰戦争。壬申の乱

6. 実は120通り
 ・ 2倍年歴(無料版はここまで)
 ・ 神武の年齢 

7. 何進法か
 ・ 十進法とフランス革命
 ・ 二進法とパソコン
 ・ 一両は四分、一分は四朱、一朱は250文、一両は4000文
 ・ 1時間は60分、1日は24時間、1週間は7日。
8. おわりに
 ・ 年号による地名
 ・ 記録によりできた地名・説話

9. 次回は
 ・ 瀬戸内海を東へ

新着情報 講演番号第45

講演番号45 シリーズ福永晋三と往く新説日本書紀12

鷹羽国の神社伝承等を追究し、ついに日本書紀から削られた「卑弥呼」を言い当てた回。万葉集の「もう一つの君が代」歌と称される挽歌が、実は香春神社の元宮「比売許曽神社」の姫神が豊後の姫島に「流され」たことを悼んだものだと解いた。「倭歌が解き明かす古代史」シリーズの一コマとなろう。福永晋三

新着情報 講演番号第44

講演番号44 輝ける熊SOU族・熊襲 その3講師 内倉武久

熊襲族はチベット族共通の「犬祖伝説」を持ち、稲荷信仰、能など 芸術分野でも日本文化の基を築いていた。蛮族のイメージは長年押さ えつけられていた大和政権が恨みを込めて作ったものである。

新着情報 講演番号第43

講演番号43 シリーズ福永晋三と往く新説日本書紀11

神武天皇紀編纂の意図、すなわち日本書紀のイデオロギー(思想傾向)を説明した回。饒速日尊の建国した倭奴国(天神王朝)を神武(実は天孫系)が正当に継承したとのプロパガンダ(宣伝)が表われているとした。試みに物部氏の系譜をまとめ、天皇家の系譜と並べた。2代綏靖天皇が物部氏の母と神武天皇の間の子であり、彼が東征を戦い抜いて即位した二代手研耳命大王(山鹿の吾平津姫が母)を暗殺した。その結果、神武天皇の統一は早くも崩れ、後漢書に云う倭国大乱に繋がった。併せて、神武の即位から手研耳命の暗殺に至るまでの年代を、干支の暦(日本書紀の儀鳳暦)を調査し、再逆算して日本古代史の実年代を算出したことを始めて説明した。
福永晋三

新着情報 講演番号第42

講演番号42 輝ける熊SOU族・熊襲 その2 講師 内倉武久

熊曾於族には鴨(加茂)族を筆頭に太田、内(宇智、宇治)、三嶋園、袁氏、牛氏など多彩で強力な氏族で構成され、大陸で習得していた鉄製作技術と馬を使って全国を席巻していた。

内倉武久

新着情報 講演番号第41

講演番号41 シリーズ福永晋三と往く新説日本書紀1

新型コロナに翻弄されながらもようやく10回を迎えました。年末ということもあり、神武崩御まで話をさせてもらいました。
 国見丘(赤村岩石山)で八十梟帥を討った神武は、馬見物部氏の末裔の駒主命に迎えられ、帝王山(擂鉢山)を越えて嘉麻の地に入った。日本書紀から削られたと思われる筑豊(主に田川郡・嘉穂郡・鞍手郡)の神社伝承を追いながら、日本書紀の記述を増やして神武第二次東征を復元した。今回は特に、嘉穂郡に神武東征に由来する地名の多いことを取り上げ、嘉穂郡の立岩遺跡を囲む古遠賀湾の海で、「熊野の海戦」があったことを力説した。また、京都郡に伊勢津彦という賊がおり、神武は田川郡の春日神社にいた天日別命を派遣し、伊勢津彦を東の地に追いやった。伊勢津彦らの辿り着いた地こそ、今日の三重県の伊勢であった。筑豊の神社伝承は日本書紀の隠した歴史事実を復元する力を秘めた貴重な伝承であることを再び力説した。

福永晋三

新着情報 講演番号第40

講演番号40 卑弥呼!あなたは一体誰なの? 講師 鶴田裕一

皆さんもよくご存知の卑弥呼(ひみこ)。どんな人か知っていますか。どこにいたのでしょう。今回は、卑弥呼について考えていきます。この名前は、日本の記録には全くなく、中国の史書、三国志魏書に記されています。このことから、実はいなかったのではないか、神功皇后だったのではないか、別な人物が女王になりすましたのではないかとか、いろいろなことが言われています。日本の史書、注釈書、中国の史書等を元に考えていきます。皆さんも一緒に、この謎に包まれた歴史上の人物について考えていきましょう。さあ、卑弥呼は実在したのでしょうか?、どこにいたのでしょうか?。真実に少しでも近づきたいと思います。鶴田裕一

新着情報 講演番号第39

講演番号39 「輝ける熊sou族・熊襲」その1 講師 内倉武久

中国大陸からのボートピープルの連合体である熊曾於族は自ら「輝ける曾於族」と名乗り、南九州を拠点に勢力を伸ばした。彼らの墳墓である地下式横穴墓などの祖型が大陸にある。